品質保証・CSR 永谷園グループをより理解いただくために、2019年度に取り組んだ環境保全活動内容や企業活動内容をご紹介します。

環境・社会報告書2020

残さないと 未来への財産省 エネルギー オクトス [事務課] 山下 瑠実

環境マネジメントシステム

環境マネジメントシステムの維持・向上

永谷園グループの生産拠点(6拠点)では、環境保全活動を継続的に実施していくために、ISO14001に準拠した「永谷園グループ環境マネジメントシステム(EMS)」を運用し、PDCAを回して維持・向上に取り組んでいます。この独自システムは、「永谷園グループ環境マネジメントマニュアル」を基本とし、環境担当である各拠点のエコスタッフを中心に目標やルールを作成して省エネルギー、廃棄物の削減などの環境保全活動を推進するとともに、緊急事態の特定、対応方法の検討および訓練を実施して環境リスクの低減を図っています。その結果、2019年度における環境に関する事故は1件もありませんでした。

内部環境監査

永谷園グループでは、環境マネジメントシステムの継続的改善のために、内部環境監査を毎年実施しています。内部環境監査は、社内外で研修を受け資格を有する監査員が、環境マネジメントマニュアルの要求事項に基づいたチェックリストを使用して、適合性と有効性を確認するとともに、環境関連の遵守状況や、環境目標の達成度合いを確認しています。
内部環境監査風景

内部環境監査風景

エコスタッフの活動

工場における省エネルギー等の環境保全活動の中心となるのが、エコスタッフです。各拠点では、エコスタッフによる従業員への環境教育の実施や、環境マネジメントプログラムの進捗状況等を確認するエコスタッフ会議を定期的に開催しています。岡山工場では、エコスタッフが毎月工場内を見回ってエアコンのフィルターの洗浄記録チェックや空調設備の温度管理等を行っています。その中で照明の消し忘れが頻発した部屋には人感センサーを導入するなど、省エネ活動を推進しています。

環境教育

永谷園では新入社員を対象とした環境教育を毎年実施しています。2020年度は「環境問題」「持続可能な社会とSDGs」「永谷園グループの環境への取り組み」について講義しました。また、環境マネジメントシステムを運用している拠点では、定期的に従業員向けの環境教育(講習会)をエコスタッフが中心となって実施しています。今後も環境意識向上のため随時情報を共有し、教育を実施していきます。
環境教育の様子

環境教育の様子

PAGE TOP