品質保証・CSR 永谷園グループをより理解いただくために、2019年度に取り組んだ環境保全活動内容や企業活動内容をご紹介します。

環境・社会報告書2020

密は避け 気持ちで寄り添う 従業員 サニーフーズ [船橋工場] 村田 咲子

従業員との関係

働き方改革の推進

在宅勤務制度の導入

永谷園では、働き方改革の一環として、2019年4月より在宅勤務制度を導入しました。通勤や外出等の移動による時間のロスを減らし、集中できる業務時間を確保することで労働生産性を向上させることを目的としています。他にも、事前に業務内容を申請、終了後の達成報告を上司が評価するというサイクルに取り組むことで「仕事の明確化と達成評価」の習慣化につながっています。

サポート休暇制度

永谷園では2009年より、誕生日を家族でお祝いしたり、平日に行われる入学式や卒業式、または授業参観などへ出席したりできるよう、年2日を限度として休暇を取得できる家族団らん休暇制度を導入しています。2019年7月からは、サポート休暇と名称を変えて、ボランティア活動または自己啓発のためにも使えるようになり、取得日数も年2日から4日に増やしました。今後も従業員が仕事と生活を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に取り組んでいきます。

従業員のスキルアップの取り組み

「QCサークル活動」

永谷園では、企業にとって重要な安定性や成長性を構築するため、「QCサークル活動」を開始しました。生産現場はもちろん、会社のすべての現場で活動を行う仕組み作りが行われています。業務上の身近な問題に自ら気づき、原因を分析し、改善・実行することで社員一人ひとりに会社への参画意識が生まれ、自己成長につながるとともに会社全体が活気にあふれる状態になることを目指しています。この活動では、半期に一度発表会と表彰を行っており、社員のモチベーションアップにつながっています。
フォークリフト

発表会の様子

部門の垣根を越えた取り組み

「永谷園 子育てママプロジェクト」発足

「お茶づけ」は、永谷園にとって看板商品であり、老若男女問わず愛されている商品です。しかし、近年はユーザーの固定化が進んでおり、新たなお茶づけファンの獲得が課題となっています。こうした状況を打破するため、社内で新たなプロジェクトが立ち上がりました。その名も「永谷園 子育てママプロジェクト」です。子育てをしながら働くママ社員が、部門を越えて結集し、ママならではの顧客目線で新しい施策やプロモーションに生かそうと日々活動しています。会議では、普段は全く違う業務に携わるメンバー同士、さまざまな視点から面白い意見が飛び交っています。自分の子育て経験を役立てることができるため、従業員のやる気アップにもつながっています。

子育て中のママの声を活かして
永谷園 ホールディングス 品質保証部 新井 香

永谷園
開発本部
商品開発戦略部
竹内 陽子

PAGE TOP