永谷園グループは、環境負荷低減のために限りある資源の効率的な利用と廃棄物のリサイクルに努めています。特に、まだ食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」に対しては、持続可能な開発目標(SDGs)で、1人当たりの食料廃棄を2030年までに2000年度から半減させる目標が掲げられています。国内では、「食品ロス削減推進法」が施行されたことから、食品メーカーとして強い責任感を持って取り組んでいきます。

賞味期間の延長と賞味期限「年月」表示への取り組み

永谷園は、2021年5月より、賞味期間9カ月以上の市販用商品、業務用商品で賞味期限の表示方法を「年月日」から「年月」に変更する取り組みを順次進めています。この取り組みにより、サプライチェーン全体での食品ロス削減、物流の効率化などの社会問題の解決への貢献を目指します。
永谷園では、2017年より一部市販用商品の賞味期間の延長を行っています。延長期間は商品によって異なりますが、約3カ月~12カ月です。賞味期間は、食品の期限設定に関する法律やガイドラインなどを基に、商品開発部門と品質管理部門が官能検査(味、におい、色、食感)、微生物検査、理化学検査(水分、pH、水分活性など)を行い、設定しています。それぞれの商品特性を踏まえて、全商品を対象に賞味期間延長が可能かを検討し、延長しても問題ないと判断した商品をピックアップしました。
今後も食品ロスの削減、環境負荷低減、持続可能な社会の実現への取り組みを行ってまいります。

賞味期間の延長と賞味期限「年月」表示への取り組み

商品包装サイズの見直し

永谷園では、定期的に包装資材の仕様を見直すことで環境負荷の低減に取り組んでいます。2020年11月に「麻婆春雨」、「チャプチェ」の外装サイズを見直しました。外装サイズにあわせてダンボールのサイズも変更し、軽量化を図りました。この取り組みにより、年間51トンの廃棄物削減が見込まれます。

商品包装サイズの見直し

使用済みトレーの再利用

サンフレックス永谷園は、フリーズドライ商品を製造する際に使用した成型トレーをリサイクル原料として業者に引き渡し、資源の有効利用をしています。この取り組みにより、年間30トンの廃棄物削減が見込まれます。

使用済みトレーの再利用

編集後記

永谷園
ホールディングス
CSR推進室長 
小川 美朋

新型コロナウイルスの流行は、変異株のまん延というかたちで今も世界経済に大きな影響を及ぼしています。変異株の流行は感染対策を徹底しながら経済活動を両立させる取り組みの中で、人々のワークライフバランスを大きく変えました。加えて地球の気候変動による災害の激甚化は増加する傾向にあり、環境負荷軽減への対応は待ったなしです。
このような環境変化の中で会社は何のために事業を行うのか。お客さまに向き合い続けるだけでなく、未来の地球と向き合うことが求められていると改めて実感します。当社では気候変動などの地球環境問題への配慮、従業員の健康・労働環境への配慮、自然災害などへの危機管理など、サステナビリティを巡る課題への対応は、環境リスクの減少のみならず新たな収益機会にもつながる重要な経営課題であると認識し、これらの課題に積極的に取り組むよう提案をし続けてまいります。